『アスペルガーですが、ご理解とご協力をお願いいたします。』

前回の本が、ご自身が自分と折り合うための30のルール
今回はアスペルガー当事者と関わる周囲の方に向けての18のルールが書かれていました。

今回もかりてきてあっという間に読み終えました。
まわりくどい表現がない分、とてもわかりやすい本です。

第1章の「気づくといつも人をイヤな気持ちにさせてきた」というタイトルを
読むだけで心をぎゅーっとつかまれるような気持ちになります。

たくさんの辛い思いをしていること、そしてそれは自分自身でも気づかないうちに
していること、それによってとても深く傷ついていることが伝わります。

「コミュニケーションが苦手なだけで、嫌いなわけではない
むしろコミュニケーションをとりたいと思っている」
と先日ハートネットTVに出演された冠地情さんがお話されていたことを思い出します。

18のルールに書かれていることはどんな人とのコミュニケーションでも大事なこと
・何ごとも「わかりやすく」お願いします
・「嘘」は厳禁です
・「情報」を共有してもらえると安心します
・「大丈夫」は魔法の言葉
などなど・・

アスペルガー症候群でも、そうしたハンディのないどんな人でも、
「自分の才能や魅力を発揮したい」「人の役に立ちたい」
という気持ちを持った上で人と関わりたいと思っています。

だからこそ、知らないことで自分と異質だからと排除するのではなく、
違いを知りそして知識として得たパターンに当てはめることなく
個々のケースにあわせて「オーダーメイド」のお付き合いを作っていきたいなと感じます。

ブログ村 クリック応援よろしくお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

お申込み・お問い合わせはこちら

作業をご希望の場合はお問い合わせフォームにご希望の日にちを記入してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA