『発達障害のある子どもができることを伸ばす!幼児編』他

『発達障害のある子どもができることを伸ばす! 幼児編』

アスペ・エルデの会の実践をもとに、発達障害のある子どもたちへの支援の基本を
わかりやすくまとめたもの(はじめにより引用)とあるように
本当にわかりやすくポイントがまとめられていて、普段の行動にとても
役に立つ情報が満載の本でした(買おうかな)

いつもの抜き出し
・特別な配慮を必要とする特性を持っている人たちに対して、
それぞれのニーズに合わせた支援を行っていかなければならない
・発達期に問題が明らかになるけれども、対応によっては障害が目立たなくなり、
困難をきたすことなく社会生活を営んでいく可能性もある
・「障害」はできないことではない
・「生きづらさ」を抱えている人のように、社会的困難や不適応状態のある場合
「障害」と考える
・やみくもに叱るだけでは、ダメだといわれた以上の体験にはなりません

身辺自立・社会性を育む工夫・身体感覚を育む工夫・困った行動への対応・
遊びの発達と学習の基礎・小学校へ向けての基礎という内容で
具体的な声かけや子どもがどう感じているかなど絵が多く、細かく書かれていて
すぐに実践する気になる・実践したいと思える内容でした。
学童編もあるようなので今度借ります。

それからもう1冊
『1分間集中トレーニング―教室でできる特別支援教育』

こちらは文字が中心の本。
先ほどの本とは違い教える側からの目線で書かれています。
どのように対処するか、どのように指導するか、トレーニングのポイントは
について書かれていました。

ブログ村 クリック応援よろしくお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

お申込み・お問い合わせはこちら

作業をご希望の場合はお問い合わせフォームにご希望の日にちを記入してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA