起業セミナーで子育てについて話し合ってみたら

今日のテーマは「起業セミナーで子育てについて話し合ってみたら」

昨日はセミナーに参加して起業について学び
これから起業したいと思っている方が集まり、高齢者・教育・子育てなど様々な課題について話し合いの時間がありました。

私が参加したのは「子育て」について話しあうグループ

参加された方がそれぞれに課題を感じていて様々な想いを持ちながら語り合い、何時間でも話していられそうな熱い時間をすごしてきました。

そこでも再認識した自分がやりたいこと

「ひとり親家庭が住みやすい街を作ること」

シングルマザーになって一番最初に困ったことが「住居」
賃貸だとよほど理解のあるか余裕のある大家さんでないと断られます。
仲介業者のところに物件を見つけても、内見すらさせてもらえないこともよくあります。
昨日の話し合いの中でもありました「収入が不安定だから信用が低い」と判断されるんですね。
誰に保証人になってもらうかというのも悩みどころ。

やっと「住居」が決まると次に困ったことは「お金」

敷金や礼金などの初期費用はもちろん、引っ越しに必要な費用の捻出
自分の給料と家賃など生活費のバランスに悩みます
「理想的な家賃の割合は収入の3分の1」といっても無理でした(苦笑)
だから実家に戻るのかとか家賃が安い地域に引っ越すのかと言えばそう簡単にいかない問題もあります。
「実家には帰らないの?」という質問をされると意外と凹みます。

「健康」
子どもが体調を崩せば仕事を休んで看病することになる。
仕事を休むことが頻繁になれば職を失う危険性もあるので
自分も子どもも健康でいられる環境を作ることを優先しています。

「仕事」
新しく仕事を探そうと思うと必ず聞かれます。
「残業はできるか」
「休日出勤はできるか」
「子どもが体調を崩したら代わりに診てくれる人はいるか」

フリーランスという道もありますが相当な覚悟が必要です。
前もって残業・休日出勤がわかっていれば預かりサービスを利用することもできますが、急な残業の場合はお願いできる相手がいない。預かりサービスは急な対応が難しい。

「子育て」
これは課題が色々ありすぎて書ききれませんが
身近に自分以外の育児の手がないと本当に大変。
心ない周囲の声に傷ついてしまったり、ひとりで抱え込んでしまったりここは本当にどうにかしたい。

「時間」
仕事・家事・育児・睡眠・自分の事、24時間じゃ足りないと思う方たくさんいます。
睡眠を削れば動けるとはいっても限界があります。
仕事の時間を減らすと収入が減ります。
子どもとの時間が少なくなると「子どもがかわいそうだ」の「育児放棄だ」だの言われます。

まだまだ色々ありすぎるけれども私がやりたいことは

・空間を整えて生活が楽になる環境を作る(空間のオーガナイズ)
・時間の配分を整理して自分の時間も作りたい(時間のオーガナイズ)
・家計を把握して収入や支出のバランスをとる(家計のオーガナイズ)
・異年齢、他世代と関わりあえる場づくりに関わること
・メンタルケア、ヘルスケアを行う場づくりに関わること
・働いている親でも参加しやすい交流の場づくり
・上記環境を作ろうとしている起業ママや団体、会社をITオーガナイズで応援すること

残業対応や、子どもの体調で仕事の有無が左右されるなら
・残業を必要としない働き方(職場環境のオーガナイズ)
・急な残業でも代わりにお迎えをお願いできるような保育・託児の環境
・急な体調不良でも安心してお任せできる病児保育

ただモノを片づけるだけではないライフオーガナイズの多様性で
周囲に存在する多様な問題をどうにかしたいなと悩み続けているのが私の夏休みの宿題(笑)

 

お申込み・お問い合わせはこちら

作業をご希望の場合はお問い合わせフォームにご希望の日にちを記入してください。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ