知らない誰かにログインされないために(ログイン承認・ログインアラート)

Facebookを使っているとコワイのがアカウントを乗っ取られてしまうこと。
パスワードが他のサービスと同じものを使っていたり、簡単な数字や単語だけだったりすると簡単にやぶられてしまいます。

FacebookやTwitterやGmailなど、パスワードだけでなくそのアカウントを使っている人だけが持っている端末を使って認証を行う2段階認証というシステムがあります。

自分の知らないところでもしパスワードが破られてしまっても、ログインされるその一歩手前で自分宛てに通知がきて、不正ログインされずにすむので必ず設定しておいたほうが安心ですね。

ログインアラート

ログインアラートは、自分がログインしたことのないところから自分のアカウントへログインした(された)時に端末や場所などの情報が送られてきます。

自分のログインの場合は「私です」を選びます。

「自分ではない」と思った時は、既にログインされている状態なので「ログインの確認」から「私ではありません」を選び相手をログアウトさせ、すぐにパスワードを変更しましょう。

ログイン承認

アカウントとパスワードの入力だけでなく、ログイン前に自分が使う端末の認証を行います。

初回ログイン時に自分がFacebookを使う端末(パソコンやスマホなど)を登録しておけるので、毎回の設定はいりません。

知らないところから自分のアカウントへログインが行われても、自分の端末に認証パスワードの通知がきますので、拒否することができ乗っ取られずにすみます。(パスワードの変更は必要)

 

2段階認証の設定方法

・Facebookアプリの場合
右下の「その他」⇒「設定」⇒「アカウントの設定」⇒「セキュリティ」

・パソコンの場合
右上の下向き矢印⇒設定⇒セキュリティ

fbsecurity

それぞれオフになっていた場合はオンにします。

ログイン承認をオンにすると登録している携帯宛てに認証パスワードが送られてきますので入力します。

 

友達が突然サングラスやブーツなどの広告を投稿して、友達を何人もタグ付けしたり、イベントの招待を送ってきたりしていたのはアカウントの乗っ取りですね。

乗っ取られてしまうとタグ付や招待がいってしまった友達を驚かせてしまいます。
Facebookは個人情報がたくさんつまっていますので、情報の扱いは気を付けたいですよね。

まずは自分が乗っ取られないようにできることはやっておきたいですね。

 

お申込み・お問い合わせはこちら

作業をご希望の場合はお問い合わせフォームにご希望の日にちを記入してください。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ