「できない」より「できる」を考える その1

先日とある場所に参加して帰ってくると「自分は何もできない」という思いで
ぐるぐると負の感情しか出てきませんでした。

「本当に何もできないのか?」

と数日ずっとずっと考えていました。

どんな言葉で負の感情がわいてきたのか
どうしてその言葉に反応したのか
その感情をどのように処理したいのか
自分の思いはなんなのか
理想と現実のどこが違うのか

何度も何度も思考の整理を重ねて

「今は何もできなくても何かしらできることはある」

そんな思いがようやくわいてきました。

「私は片付けができない」と考えてばかりいると、
負の感情に包まれできないままかもしれない。

私は物を移動することができる
目の前にあるものを分類することができる
着るものを選ぶことができる
食べたいものを選ぶことができる
自分の好きを探すことができる

どんな些細なことでも「できる」を数えていくと元気が出てきます。

自分で「できる」を見つけることが難しい方はご相談ください。
一緒に「できること」を探してみましょう。

お申込み・お問い合わせはこちら

作業をご希望の場合はお問い合わせフォームにご希望の日にちを記入してください。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ