おさがりを前提にした子ども服の名前付け

※旧ブログからの移行記事です

名前付けシーズンが終了した今頃記事にすることでもないのですが・・・

アイロンで接着するテープを使ってみたり、アイロンが面倒くさくて直接服やタグなどに
書いてしまったりと色々やってきました。
けれどアイロン接着だと洗濯を繰り返すうちにはがれてしまったり、うちの子は名前テープを
手探りで見つけてはびりっとはがす(!)のが癖になってしまったり・・orz
園用の服は西松屋とか安価な所で揃える方が多いので同じ柄だったりで名前がついていないと
誰のかわからず行方不明になることもしばしば。

小さな頃の服はよく汚すのでおさがりできない状態になってしまうことも多いのですが
譲れる状態の服があったときに、アイロン接着だとはがしてものりが残ってしまったり、
直接書いている服だとそのまま渡すのが気がひけたりと色々試行錯誤してました。

で、行き着いた方法がこれ。
綿テープに名前を書いて服やタグに縫い付ける方法。
(しかも我が家の綿テープは無印で購入した布団カバーの包装に使われているものw)
img8f36d952zik2zj

・適当な長さに綿テープを切って真ん中あたりに名前を書きます。
・両端を少し折り返して直接服やタグに縫い付けます。

すそにぬいつけたり、洗濯表示があるタグにぬいつけたり色々してみましたが
脱いだときにぱっと広げたら目の前に名前がある方が子どもも先生もわかりやすいだろう
ということで首のところ(?)に縫い付けるようにしています。

そんなに幅もないし数針縫えば終わるので簡単です。
おさがりにする時がきたら縫い付けた糸を切ってしまえばいいので服のダメージも少ないです。
時間に余裕がある方は名前を刺繍にしてみたりもいいかもしれないですね。