ケチ根性なの。

モノを持つ判断基準がしっかりしていてすっきり暮らしている人と話をしていましたら、
「着ないとわかっている服があるんだけど捨てられないのケチ根性なの」
とおっしゃってました。

古くなった洋服や布はウエスにしたり、人に譲ったりされているので
そんな風に考えているのかぁ、とちょっとびっくり。

ゆっくりお話していると○○で回収をしていたとか○○でリサイクルされるみたい
と捨てずにすむ方法がみつかり少しずつ手放しやすくなっているようです。

それでも残っているものがあるとしたら・・・それは無理に捨てなくていいと思います。
そこで心にうそをついて捨てたとしてもあとから誰か必要な人が現れたときに
「あ!あの時捨てちゃった」なんて思い出してしまうものです。

クローゼットやたんすにしまいこまれたままで着られず、
買ったことも忘れ去られてしまったモノと比べれば
そこにいると覚えていてくれるだけでもモノの気持ちは違うような気が。
(モノを擬人化するのが得意な右脳タイプです)

ただし着ない(けど手放せない)という服は、ふだん着る服とは別の場所に大切にしまっておくと

普段の洋服選びの楽になって、手放せない服も大切に扱えて一石二鳥ですね。

お申込み・お問い合わせはこちら

作業をご希望の場合はお問い合わせフォームにご希望の日にちを記入してください。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA