歯をはなす

顎関節症のような症状でもあごの痛みについて書いていました。

数日前に偶然見た番組でTCHという言葉を知りました。

TCH(不必要な上下の歯の接触という癖)によって顎関節症を引き起こす危険性が高まるのだそうです。

以前は接触どころか無意識にぎりぎりと噛みしめていました。

今では噛みしめる事はほぼなくなり時々「接触」している程度です。

以前の記事に書いたように、口の開きは指2本くらい。

歯を接触させないように気をつけてはいるので痛みはおさまっていますが、口の開きは目立った改善はありません。

TCHの修正方法は、「歯をはなす」と書いた付箋を少なくとも10枚以上作って

あちこちに貼るという方法が紹介されていました。

最初は付箋を見て思い出す状態ですが、徐々に意識せずに歯を離すことができるようになるということです。

付箋は具体的で気づきやすいですが、私なりの気づきの方法を探して

「歯をはなす」をもっと意識してみようと思います。

テレビでは肩こり改善の方法として紹介されていましたが、私は顎関節の症状改善としてやってみます。

お申込み・お問い合わせはこちら

作業をご希望の場合はお問い合わせフォームにご希望の日にちを記入してください。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA