焼きそばの麺をほぐしやすくする3つのポイント

連休の疲れがちょっと出てきたので、今日の夕食はやきそばにしました。

焼きそばをつくる時、麺が固まっていてほぐしにくかったりしますよね。

我が家でしている麺をほぐしやすくする3つのポイントをご紹介します。
(お肉や野菜を炒めるところは省略しています)

ポイント1 電子レンジであたためる

あたためボタンでもいいですし、600Wのレンジで1分くらいあたためます。
yakisoba (1)
レンジがない場合は、ボウルに熱湯を入れて袋ごとつけておく

 

ポイント2 袋から出す時に手で揉みほぐす

ポイント1で麺があたたまっているのでほぐしやすいです。

 

ポイント3 投入したら日本酒をさっとまわしかける

右脳タイプ的料理法でさっとまわしかけているので分量を量ったことがありませんが、2人分で30~50mlくらいだと思います。
yakisoba (2)
ポイント2でほぐしきれていないところがあればそこを目がけてかけて箸で炒めながらほぐしていきます。

アルコール分は強めの火で炒めてとばすので子どもも食べられます。

この3つをすると、ほぐしている間に焦げてしまうこともなく
固まった麺を箸でほぐしている間にブチブチ切れて短くなってしまうこともなく食べやすいですよ。

めったにかかないお料理ネタでした。

お申込み・お問い合わせはこちら

作業をご希望の場合はお問い合わせフォームにご希望の日にちを記入してください。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ