怒り感情のコントロールも「分ける」がポイント

怒りの感情が「ぶわっ!」と湧いてきたあとの収め方がわかったものの

その怒り感情をどう扱っていいかわからなかった昨日の記事。

その後もどうして自分が怒りの感情をマネジメントできるようになったのか掘り下げています。

 

 

 

昨日の記事でもこんなことをやってみましたよというポイントは書いたのですが、

もっと大事なことが1つありました。 それは

 

起きた出来事と感情を分ける

 

 

起きた出来事に対して、自分の中にある価値観や大切にしていることとのギャップが怒りにつながり

その時に湧いてきた感情と出来事をごちゃまぜにしたままだと、何が怒りの元なのか見えにくくなります。

 

出来事は出来事。 感情は感情。 と切り離して考えてみる。

 

ギャップによって、自分にどんな感情が湧いてきたのか意識を向けてみる

感情に気づけるようになってきたら、「そう感じたんだね」と自分に投げかけてみる

出来事は、「〇〇が××した。」「〇〇がこうなった。」と、事実だけをとらえるようにしてみる。

 

感情に気づくと自分が大切にしたいことがわかります

出来事がわかると、どうしたらいいか対処も考えられるようになります

 

昨日の私の記事を読んだ怒りのマネジメントができている方々が「怒りってなんだろう???」と悩んでいたそうです(笑)

 

こころの片づけも「分ける」が大事なんですね。

お申込み・お問い合わせはこちら

作業をご希望の場合はお問い合わせフォームにご希望の日にちを記入してください。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ