本の手放し方も選んでみませんか?

そろそろゴミの収集も始まっていますね。
大掃除で出た不用品は出せていますか?
あまりゴミを出さないようにしていた我が家も意外とあって驚いています。

さて、大掃除で本を処分しようと思われた方はいますか?
古紙回収で出してしまう? 中古買い取りに売りにいく?
売りに行っても1冊10円くらい?

持っていくのが手間だったりお金に変えることにこだわりがなかったら寄付という方法はいかがでしょうか。

私がいつも参考にしているのがバリューブックスさんの社会事業です。
株式会社バリューブックス ホームページ

宅配便を利用した買い取り事業をされていますが
その中でも、買い取り金額をNPO団体や被災地支援に役立てる取組みがあります。

陸前高田市図書館復興プロジェクト

陸前高田市図書館ゆめプロジェクト陸前高田市図書館ゆめプロジェクト

個人的に推しているのは病児保育のフローレンスやノーベルが支援先に入っているチャリボン

チャリボン【古本がNPO・NGOへの寄付・募金となる新しいしくみ】チャリボン【古本がNPO・NGOへの寄付・募金となる新しいしくみ】

 

そして児童養護施設にいる子どもの学習支援に活用するBook for Kidsです。

Book for Kids

本の手放し方もただ捨てるだけでなく色々あります。
「もったいない」と手放せないものでも誰かの役に立てるならと思いきれそうなものはありませんか?

t02200208_0400037913172444384

簡単に手放せる本は買わないと決めている我が家ではなかなか協力できる機会がないので、もっと本が循環するような仕組みを活用してくれたらなぁと願っています。

お申込み・お問い合わせはこちら

作業をご希望の場合はお問い合わせフォームにご希望の日にちを記入してください。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA