片づけのプロとの勉強会で自分の立ち位置を再確認。今月もチェックポイントを通過しました。

昨日はライフオーガナイザーとの勉強会でした。

慢性的に片づけられない(CD)状態の方へのサポート方法を学んでいるCLOプログラム受講メンバーと、日々の活動の中でCD状態?と思われる方と接しているライフオーガナイザー数名と一緒に、日々の事例の中からCD状態?と思われるケースの提供と対応方法の検討をしました。

CLO受講メンバーとの勉強会は毎月、1級を取得した方とは2ケ月に1回のぺースで開催されています。

 

私ひとりでは対応できる人数も日数も限られているので、こういった環境があることで色々なケースがあることを知って準備できるのはとてもありがたいですね。

 

CD状態にある方というのはこの3つの条件全てにあてはまる状態であると定義されています

  1. かなり前(数年以上)から片づけられない状態が続いている
  2. ひとりで片づけてみてもうまくいったことがない
  3. 片づいていないことによって生活に影響が出ている

 

とはいうものの、状況は人それぞれでその方がCD状態であるかどうかの判断はオーガナイザーには決められません。

私たちにできることは、片づけができずに困っていること、本当はこうしたいという思いに寄り添って生活がうまく回りだすお手伝いをすること。

私たちが願う姿に向けて引っ張っていくのではなく、お客様自身のゴールに向けて後ろからそっと支えることなのだなぁとあらためて感じています。

 

本当はできるようになりたいのにうまくいかない。。私にやる気がないからだと思っている方はライフオーガナイザーにお手伝いできることがあればお声がけください。

 

お申込み・お問い合わせはこちら

作業をご希望の場合はお問い合わせフォームにご希望の日にちを記入してください。