オンラインで受講は難しい??何を準備する?

オンラインで講座やイベントが開催されるようになってこの数か月でオンラインにチャレンジしてみたという方も多いですよね。

 

今まで会場でしか受講できなかった講座もオンラインで開催されるようになり、オンライン受講にチャレンジしてみたいという方に必要な準備をまとめてみます。

わたしもオンラインでライフオーガナイザー入門講座やその他講座、オンラインでの片づけサポートコンサルティングを行っていますので、参考になればうれしいです。

 

用意するものは?

インターネット回線

インターネットにつながる環境は必須です。

  • 光回線・ケーブルテレビなどのネット環境
  • WiMAXなどのモバイルWi-Fiは、通信速度や通信制限に注意です。

 

受講環境

講座の時間中に中断することなく集中できる環境であること。

交通量の多い立地など住宅環境によっては周辺の音がよく入ってくる家、配達がよくくる、にぎやかな家族やペットがいるという場合、講座を受講するには集中しにくい環境かもしれません。

家の中でおちついて受講できる環境や時間帯を探すか、どうしても会場での受講ができないという場合はレンタルスペースの利用や、カラオケボックス・ホテル等のテレワーク応援プランをやっている場所を探してみてはいかがでしょうか。

 

機器

講座を受講する場合はカメラ付きパソコンもしくはタブレットからの接続を推奨します。

スマートフォンでも見ることはできますが、スライドを共有していると他の参加者の顔が見えなかったりスライド画面と話している人の顔が重なって見えたり 十分に情報を得られないことがあるので、慣れていないとストレスに感じる方もいらっしゃるかもしれません。

  • カメラ付きパソコン
    カメラがないパソコンの場合はUSB接続のウェブカメラが必要です

    わたしが使っているウェブカメラはこちらです。オートフォーカスや解像度にこだわったものですが、ここまでの性能でなくても3,000円くらいのUSB接続のものが手軽でおすすめです。

 

  • タブレット
    受講中にメモをとったりできるよう立てかけて使えるホルダーやスタンドがあると便利です。

    スライド共有されている画面をタブレットで見るとこのように表示されました。(iPadの場合)


  • スマートフォン
    聞くだけの講座でしたら操作に慣れている方は問題ないと思いますが、スライドを共有した講座の場合は文字が読みにくかったりするのであまりお勧めしません。
    逆に、オンライン片づけサポートの際には実際に困っている場所へ移動したりできるのでスマートフォンでつなぐのがいいですね。

    スマートフォンで複数名参加しているときの画面です。
    話している人だけ映る表示方法と、他の人も見れる表示方法があります。ただし最大で4名分しか映らないので大人数の講座の場合には全体像がわかりにくくなります。


    スライド共有されている時にスマートフォンから見るとこのようになります。
    お使いのスマートフォンの画面サイズによってはスライドの字が小さく読みにくいかもしれません。

 

ということで、講座を受講する場合はカメラ付きパソコンもしくはタブレットをお勧めします。

 

ヘッドセット・イヤホンマイク

パソコンにもマイクが内蔵されていますが、思っているよりも周囲の音をたくさん拾います。ヘッドセットやイヤホンマイクの使用をお勧めする理由は「集中しやすい環境を作るため」です。

ざわざわした音の中から聞きたい音を拾うのって実はとても大変なことなんですよね。ヘッドセットやイヤホンマイクを使うことで自分が話している声をクリアに相手に届けることができます。受講する側もクリアな音になることで講座に集中しやすくなります。
数時間の講座となると集中力が続くように不要な音はカットするのがおすすめです。

 

このようなヘッドセットを準備しないといけないように思うかもしれませんが

iPhoneについてくるようなこのようなイヤホンマイクでも受講する側であれば十分です。

※iPhone7以降はヘッドホン端子がないので変換ケーブルが必要です。

最近はワイヤレスのイヤホンマイクも種類が増えてきてますね。

 

ただし! パソコンの場合は要注意。有線のヘッドセットを購入するときに気をつけることが1つあります。ヘッドセットやイヤホンを接続する端子の形です。

主に3種類あります。

 

①ヘッドホン端子とマイク端子が別々になっている3極端子タイプ

デスクトップパソコンや、少し前のノートパソコンの場合、スピーカー端子とマイク端子が別々に差し込むようになっているものがあります。緑とピンクの2つの端子があるものを購入しましょう。

 

②ヘッドホン端子とマイク端子が1つになった4極タイプ

最近のノートパソコンやタブレット、スマートフォン等で使えます。スピーカー端子とマイク端子が1つになったものです。
パソコン側の差し込む口の数とそこに書いてある絵をよく確認してくださいね。

 

USB接続タイプ

3極か4極かよくわからないとい場合はUSB接続のヘッドセットがあります。

 

外出自粛期間はテレワークやオンライン会議が増えたこともあって、ヘッドセットが品切れになっていましたが、最近ではようやく落ち着いてきて入手しやすくなってきていますね。

 

 

使う機器によって音がどれだけ変わるのか、zoomの録画機能を使って収録された動画がありました。 iPhone付属のイヤホンマイクでも十分だということや、マイクによって相手に聞こえる音がこれだけ違うということがわかりやすいかと思います。

(パソコンの内蔵マイクだとどう聞こえるかが入っていてほしかった)

ブログ村 クリック応援よろしくお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

お申込み・お問い合わせはこちら

作業をご希望の場合はお問い合わせフォームにご希望の日にちを記入してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA