LINE公式アカウントに電話(無料通話)をかけられるLINEコールを試してみた

LINEアプリのユーザからLINE公式アカウントに通話ができる「LINEコール」がリリースされました。


【お知らせ】「LINEコール」の提供開始について(LINE Official Account Manager)
https://manager.line.biz/announce/20141282?country=JP

 

個人アカウントのLINEなら友だち同士で無料通話・ビデオ通話ができるんですが、公式アカウントはその機能はなかったんですよね。今までは緊急時の連絡等は別途電話番号を設定して有料通話を受ける設定にはしていました。

無料通話のために個人アカウントを仕事で使うという頭は全くなかったので、この新サービスのリリースは大変うれしい!!

さっそくお試ししてみました。

 

無料通話LINEコールを使うには、公式アカウント側で電話を受けられるように設定が必要です。

機能概要と必要な設定項目につきましては以下をご確認ください。
より詳細な設定方法につきましては以下をご確認ください。
 
 

 

操作の流れ

ユーザ側)

①公式アカウントのプロフィール画面を表示すると、通話ボタンが設定されています。
 (ボタンの場所は公式アカウントにより異なります)

 
②通話ボタンを押すと「通話を開始しますか?」と表示されるので「開始」をタップします
 
③呼び出しが始まります。
 
④公式アカウントが電話に出たら通常の通話と同じように話します
 (電話に出なかった場合、メッセージを送るように不在メッセージが届きます)
⑤話が終わったら 赤い丸の受話器ボタンを押して通話を終了します
 

公式アカウント側

ユーザが電話をかけてくると呼び出し画面が表示されます。
上部のアカウント名の後に、電話をかけてきたユーザの名前が表示されます。アカウント名が長いとユーザ名が表示されるまでの待ち時間が長く感じますね。

電話に出る場合は青いチェックマークのボタンを押します

 

電話中や電話を切る時の操作方法は、個人アカウントのLINEアプリでの通話と同じ感覚で操作できます。

 

使ってみた印象

通話の品質は、他の電話アプリと変わりなく通話することができました。

受信専用の通話アプリとしては問題ないように思います。

不在着信があっても公式アカウント側からかけなおすことはできないので、メッセージを送ってもう一度ユーザからかけなおしてもらう必要があります。

ユーザ側は表示されるボタンをタップしていくだけでLINEアプリの無料通話と同じように操作できるので、新たに使い方を覚える必要がないのは導入しやすい

 

 

無料通話だからと長時間のサービスに利用するといつの間にか有料化してしまいそうな気もするので、長時間の場合はzoomやほかのシステムを使って対応したほうがいいかもしれないですね。

 

まだ短い時間しかお試しできていないので、これからも状況にあわせて試していってみようと思います。

ブログ村 クリック応援よろしくお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

お申込み・お問い合わせはこちら

作業をご希望の場合はお問い合わせフォームにご希望の日にちを記入してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA