「べき」「ねば」「しか」

※旧ブログからの移行記事です

ここのところの“スッキリしたい欲”を満たすためにあれこれ考えを巡らせています。

どんな風に暮らしたいかなー
どんな部屋になったら気分が上がるかなー
どんな部屋になったら落ち着けるかなー
どうしたら楽できるかなー

そんな風に理想の状態を思い浮かべていき、どうやったら実現できるかなと案を練っていって気づきました。

どれだけ「ねば」「べき」「しか」に縛られてるんじゃーと(笑)

我が家の脱衣スペース、90cm四方くらいしかありません。
それなのにトイレのドアが開くスペースも必要だし
洗濯カゴもそのスペースに置き実際に人が立つスペースなんて・・という状態

しかも手前の段差が高いんです。
131012_05

洗濯カゴを高さのあるものに変えようか、やりたくないけど洗濯槽にためるように変えるか
洗濯機の上にカゴを置いたら子どもが入れなくなるんじゃないか

考えに考え、さらに考えを巡らせている間にピッカーンとひらめきました。

洗濯機の前にしか置く場所がない
洗濯機の前に置くべき

というのは間違いだったと。
まだ実現はしてませんが、これでなんとかなるかなーと思った矢先、
むすこが朝の忙しい最中、段差に足を引っかけ泣き出すという事件も発生。

早々に手直しすることを決めました。

家の中になんだか使いにくいのに「ここにしかおけない」と思っているものありませんか?

お申込み・お問い合わせはこちら

作業をご希望の場合はお問い合わせフォームにご希望の日にちを記入してください。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA