昭和40年代築の都営住宅 寒くなってきたので断熱テープを貼りました


昭和40年代築の都営住宅に住んでます。

さすがに寒くなってきて室内の冷え込みもきつくなってきたので対策を・・

12310629_907309346017287_8003845808041884327_n

我が家の対策は主に3つ

  1. 窓に断熱シートを貼る
  2. サッシ枠の断熱テープ
  3. 窓の前にプラダンを置く

 

1.窓に断熱シート

こんな感じのを貼っています。
ボコボコのガラス窓には貼れないのでツルツルのガラスの所にだけ・・・
貼っている面と貼っていない面で手をかざすとヒヤッとくる感じがないので効果があると思います。ちなみに外からの目隠しの役目もあります。

2.サッシ枠の断熱テープ

実は去年も貼っていたんです。でもサッシだけじゃなくて周りの枠にも貼ろうと思うと足りなくて、違うお店で買い足したりしているうちにシルバーとブロンズが混ざってちぐはぐになってしまってどうにも貧乏くさい(汗)
貼れていない部分は結露していたので掃除はしていても見えないカビがいたりするのかなと剥がしてしまいました。

12月になって暖房も使い外が冷えるようになると結露するようになってきたので、あらためて買い直しました。今度は色を揃えるのを忘れないように。

 

3.窓の前にプラダン

近くにホームセンターやDIYグッズを置いているお店があればあるかもしれません。
ベランダに出たりもするので、またげる程度の高さでL字に折り曲げて、窓とカーテンの間に置きます。

 

我が家は部屋と部屋の間の壁以外すべてコンクリート壁なので、その壁からの冷気はどうにもできませんが、窓からの冷気を減らすだけでもかなり変わってきます。

 

床からの冷気は大判のジョイントマットがおすすめです。

 


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへにほんブログ村 その他生活ブログへ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA