都営住宅の音と寒さの問題

今の家に入居して約半月、築年数が古い建物なので入居前から
音と寒さの対策は色々と考えてきました。

その中で取り入れているのがこちら
1、大判ジョイントマット
以前から使っているロイヤル通販さんの大判ジョイントマット。
今回、部屋数が増えるということで買い足しました。
本当はたたみの上に通気をふせぐような物はしきたくないのですが
音と寒さの対策のために・・ということで全室敷いています。

ホットカーペットの下は2段に重ねて温かさが床に向けて逃げていかないようにしています。

2、クッションシート(プチプチ)
ダイニング部分はフローリングでした。
ジョイントマットを敷いても底冷えがひどく足裏が冷えるので
シンク前とよく立つ位置限定で100円ショップで購入したプチプチを
ジョイントマットの下に入れています。 この1枚で大違いです。
20130105_01

フローリングが多い床でこれを使う場合にはロールで買うという手もあります。

3、隙間テープ
ふすまを閉める時の戸あたりがとても気になるので
日常的に使うふすま、押し入れの全てに貼り付けました。
こどもが閉める時も音を気にしてどきどきすることが減りました。

近所のホームセンターやスーパーで購入しました。

そのほかにも窓のサッシ部分に断熱テープを貼ってみたりと色々試してます

お申込み・お問い合わせはこちら

作業をご希望の場合はお問い合わせフォームにご希望の日にちを記入してください。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA