テーブルの色を団地色に変えたらしっくりきた


我が家の家具の色は基本ナチュラルを選ぶようにしています。

本当は無垢のタモ材が好きなんだけどすべてそろえるわけにもいかず

そんな中、都営住宅入居前から使っていた座卓はなぜかブラウン

色はナチュラルもあったはずなのになぜかブラウン、しかも赤みの強いブラウン。

カーテンとカーペットは同じ色、家具はナチュラルなのになぜかテーブルだけブラウン。
テレビは黒なので、基本色がたくさんありすぎて統一感がなくて見た目もごちゃごちゃ。
ずいぶん前からやすりをかけてしまおうか、どうにかしたいなと気になっていたんですね。
仕舞い込んだりもしてみたけど子どもがよく使うので結局出してはなんだかモヤモヤ。

ということで、思い切って壁の色と同色のホワイトのスプレーでぷしゅーっと色を塗ってしまいました。

団地の壁は白っぽく見えますがちょっとアイボリーとの中間というか真っ白ではないのでよーく見てみてくださいね。

結果、今まで視界に入ってデデーンと主張していたテーブルが背景となじんでとーってもすっきりしました。

家や部屋の整理をしていて収納の段階までやってくると「統一感」や「まとまり感」が大事だったりします。

お片づけのブログを見ていてビフォーアフターがあったときには
形をそろえる、色をそろえる、高さをそろえる、色々な揃えるがあります。
そんな視点でみてみるといろいろと気づくことがあります


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへにほんブログ村 その他生活ブログへ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA