都営住宅引越後の家計簿の見直し

※旧ブログからの移行記事です

この家に引っ越してからまもなく4ヶ月。
家賃の負担がかなり減ったこと、正社員になって少しお給料が変わったことで
家計の見直しをしています。

光熱費については旧居よりわずかではありますが安くなっている気がします。
以前にも記事にしましたがパソコンに向かう時間を減らしたこと
普段過ごす部屋をLED照明に変えたこと、この2点が大きいなと思ってます。

パソコンを起動しないということはレシートがたまっていくということ(笑)
ということで表計算ソフトでつけていたのを手書きに変えようと思います。

・月間の決まった支出を確認できること
・月々の貯金額を明確にすること
・日々の生活費は細かく記録せず、決めた金額内に収まるようにする(袋分け方式)
・月1程度の光熱費、医療費の記録も手書きで

まずはその下準備をしているところです。
数ヶ月続けてみてどんな感じかはまた思い出したら記事にしようかな。

ちなみに、電気代(使用量)がどのくらい変わっているかというと

1月 昨年4,487円(186kWh) → 今年4,480円(119kWh)
2月 昨年4,348円(181kWh) → 今年4,017円(160kWh)
3月 昨年3,784円(156kWh) → 今年3,320円(132kWh)
4月 昨年3,938円(162kWh) → 今年2,861円(109kWh)

1月の使用量がかなり減っている割に請求金額がほぼ変わらないのは
どれだけ料金が値上がりしてるんだなんて感じますね。
こんな比較も楽しいので続けてます。

お申込み・お問い合わせはこちら

作業をご希望の場合はお問い合わせフォームにご希望の日にちを記入してください。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA