築古の団地でよかったわと思う唯一のこと

アフィリエイト広告を利用しています

築古の都営住宅に入居したとき

自分で換気扇を買ってきて取り付けた。


(コードがブラブラするので配線カバーも取り付け)

 

空間の整理のプロ(ライフオーガナイザー)が周りにたくさんいるので

素敵ハウスや素敵マンション暮らしの様子の一端を目にしては
どんなにきれいに掃除しても限界のある団地とくらべて
やればきれいな状態になる掃除しがいのある家だよなぁとうらやましくも思う。

 

けど唯一築古の団地でよかったと思うのが「換気扇の掃除」

なぜならズボラな私に「シロッコファンの掃除」なんてストレス以外の何者でもないから。

 

 

ネジを取り外して分解して、洗剤につけて楊枝やらブラシで1つずつホジホジして、長い時間かけて取れない汚れがあった時には発狂することでしょう。

 

今の住まいは、少し手を伸ばせば届く場所にある換気扇を、さっと外してざっと洗ってぱっと拭いて戻すというほんの数分の作業。(それすらも面倒な時はあるのだけれど)

 

シロッコファンをキレイに保っている人は本当に尊敬します。

にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 団地暮らし・アパート暮らしへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA