昭和40年代築の都営住宅に入居してわかったこと その2

「昭和40年代築の都営住宅に入居してわかったこと その1」の続きです。

その2 台所

とても狭いので1枚の写真におさまります(笑)
131012_01
みての通り換気扇も湯沸かし器もついていないので購入する必要があります。
入居時、湯沸かし器は購入したお店で工事をお願いし、換気扇は自分で取り付けました。

 

近所のホームセンターで購入。枠のサイズを測って羽根径を確認すること、
カバー付かなしかを決めていくといいかもいしれません。

前回も書きましたが窓がルーバーなので外気が入ってきます。
室内の音もそのまま漏れますし、梅雨時は湿気がたまる、冬は激寒です。

シンク左側の配管は、上の階からの排水の音が聞こえます。

シンク下はいたって普通。
131012_02
131012_03
新しいものに交換されていたようできれいな状態でした。
湿気のたまり方も思っていたよりはないようです(まったく無いわけではない)

一番困ったのが冷蔵庫の置き場所。
131012_05
配管横はトイレやお風呂への入り口、その横においてしまうとスイッチに届かなくなってしまうので置けません。
仕方ないので背面に位置する和室へ畳を傷めないように工夫して置いてます。

台所で一番驚いたのがガス台下のスペース。
131012_04
ここにメーターがあります。通路側に小さな扉があってそこから確認するようです。
衝撃でした・・

つづく。

お申込み・お問い合わせはこちら

作業をご希望の場合はお問い合わせフォームにご希望の日にちを記入してください。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA